So-net無料ブログ作成
検索選択

【らむざの多肉図鑑】セダム編 [多肉図鑑]

***************************
ベンケイソウ科 Crassulaceae
ダム Sedum
***************************



 
はじめに

■カテゴリーが『多肉図鑑』となっているこの記事は、
 文字通り「図鑑」として記したものです。

■あくまでワタシの育てている(いた)多肉の図鑑ですので
 なんでも載っているわけではありません(笑)

■掲載している写真も、基本的に自分の写真です。
 ただ、ワタシは小さい苗から育てるのが好きなので
 「購入時の一号鉢の写真です」というのが多いですがご了承ください(^_^;)

記事に載せたことのあるものから書いてますが、まだちょっとしか書けてません。
 いつ完成するかわからないので、とりあえず公開しちゃいました。
 8~9割載せ終わりました。
 気が向いた時に追加・修正など随時更新していきます。

■育て方とかいろいろ書いてみたい気もしますが、
 めんどくさいので大変なのでたぶん適当なことしか書きません(笑)

■学名は購入時に記されていたものや、調べて分かったものは記入してますが、
 正しいという保証は全くありません(^_^;)

「記録」「自己満足」のための記事となっております(笑)
 が、もし見て頂けたら嬉しいです^^

■間違いなどお気付きの点があれば、
 遠慮なくコメントにてツッコミを入れて頂ければ幸いです^^










01******************************************************************
セダム属
虹の玉
学名:Sedum rubrotinctum

虹の玉1虹の玉2
写真左:7月  写真右:11月


代表的な普及種ですね。
とても強健で増やしやすい。
良く日に当てると真っ赤に紅葉しますが、
少し緑色が残ってグラデーションになっている方が綺麗かもしれませんね。

ちなみにICNでは、rubrotinctumは交配種に分類されていて
玉葉乙女心が交配親である可能性が高いとしています。
どうなんでしょうねぇ?w


関連記事
『紅葉してきた虹の玉』
『黒斑病!?』
『もやしか!?』
『可愛くなった?』







02******************************************************************
セダム属
オーロラ(宇宙錦)
学名:Sedum rubrotinctum 'Aurora'

オーロラ1オーロラ2


虹の玉」の斑入り種です。
虹の玉より色が淡く、紅葉はピンク寄りの赤に。
葉挿しすると先祖返りして虹の玉になることも多い。


関連記事
『オーロラ』
『やっぱり先祖返りしちゃうのね?』
『ダイソー産のオーロラ』
『オーロラの葉挿し、再び!』







03******************************************************************
セダム属
乙女心
学名:Sedum pachyphyllum

乙女心1乙女心2
写真左:3月  写真右:5月


みんな大好き乙女心(^_^)
綺麗な緑色に、葉先だけ化粧をしたようなピンク色。
ピンクは紅葉なので夏場はほとんどなくなります。
葉挿しには向いていません。


関連記事
『蒸れたかな?』
『乙女心』
『可愛くなった?』
『足りないよね?』







04******************************************************************
セダム属
恋心
学名:

恋心 ロッティー ゴースティ
左が恋心です。(上:ロッティー、下:ゴースティ


乙女心に良く似てますよね。
調べていると「乙女心を矮化剤で改良したらしい」と言うのが
いくつか見られました。どうなんでしょうね?(^_^;)


関連記事
『蒸れたかな?』
『寄せ植え?』







05******************************************************************
セダム属
八千代
学名:Sedum corynephyllum

八千代1
写真は一号鉢です。


こちらも乙女心にちょっと似てますね。
乙女心は葉の先端がぷっくり丸いですが
八千代は先端が細めです。
紅葉は葉の先のほうがオレンジに色付きます。


関連記事
無し







06******************************************************************
セダム属
黄麗(月の王子)
学名:Sedum 'Golden Glow'

黄麗1
「写真準備中」のままずっと忘れてました^^; やっと写真アップw


普及種、と言って良いかな? 割と強い印象です。
調べてみて初めて知りましたが、学名が銘月と混乱しているみたい。
「間違ってSedum adolphiで出回ってしまった」ことがあるようです。


関連記事
無し







07******************************************************************
セダム属
銘月
学名:Sedum adolphi
  (Sedum nussbaumerianum は無効な学名のようです)

銘月1
「写真準備中」のままずっと忘れてました^^; やっと写真アップw


黄麗と同じく強健な印象です。
上の黄麗で書いたように、学名が黄麗と混乱しているようです。


関連記事
無し







08******************************************************************
セダム属
天使の雫(トレレアシー)
学名:Sedum treleasei

天使の雫1


年間を通して葉の色はあまり変わりません。
青味のある緑色で、爽やかな印象があります。


関連記事
『葉挿しイロイロ』







09******************************************************************
セダム属
玉つづり
学名:Sedum morganianum

玉つづり1玉つづり2
左の写真は購入時の1号鉢です。


年間を通して葉の色はあまり変わりません。
ある程度伸びると下に垂れ下がります。


関連記事
『ラピュタ缶の寄せ植え!』
『寄せ植えのその後』







10******************************************************************
セダム属
ビアホップ(新玉つづり)
学名:Sedum burrito

ビアホップ1
写真は購入時の1号鉢です。


お互いの関係はわかりませんが、上記の玉つづりと、色・形・性質などかなり似ています。
ビアホップの葉は玉つづりの様に尖ってはいませんが、
同じ様に垂れ下がります。


関連記事
無し







11******************************************************************
セダム属
クラバツム
学名:Sedum clavatum

クラバツム1
写真は購入時の1号鉢です。


一部のお店ではクリームロッティーと呼ばれているようです。
確かにロッティーより色が淡い気がしますw
紅葉は葉の先端だけちょこんと赤くなるようです。


関連記事
無し







12******************************************************************
セダム属
ロッティー
学名:Sedum clavatum sp.

ロッティー1
ロッティーの花1


クラバツムの一種のようですが、よくわかりません^^;
ちょっとしたタイプ違いみたいなもの?
ロッティーという名前も学名ではないようで・・・流通名?というべきでしょうか?
名前はさておき、姿も色も可愛い多肉ですw


関連記事
『寄せ植え?』
『また花芽ですw』
『ロッティーの花&桜』







13******************************************************************
セダム属
松姫
学名:Sedum lucidum cv.

松姫1


松の緑の栽培品種・・・なのかな?
松姫」はカクトロコさんで付けた名前だそうで、
松の緑Bタイプと呼ばれることもあるそうです。
松の緑より葉がとがり、オレンジ色に色付くとのことです。


関連記事
無し







14******************************************************************
セダム属
春萌
学名:Sedum 'Alice Evans'

春萌1
写真は購入時の一号鉢です。


クラバツム松の緑の交配種。
可愛い名前ですよねw
上の写真は小さいですが、寄せ植えに使ったら
だいぶ大きくなって(さらに徒長w)可愛く丸っこいイメージが消えてしまった^^;


関連記事
『ラピュタ缶の寄せ植え!』
『寄せ植えのその後』






15******************************************************************
セダム属
ヒントニー
学名:Sedum hintonii

ヒントニー1ヒントニーの花1


白い毛の生えたモケモケ多肉。
色は年間を通して緑色です。
ギュッと締まっている姿は可愛いですが、
昨年の夏は葉が大きめに育ち(徒長?)、水が切れてくるとでろ~んと垂れ下がり
ちょっとみすぼらしい感じでした(^_^;)


関連記事
『モコモコだよ』
『花芽が続々と』
『咲きました^^』







16******************************************************************
セダム属
レッドベリー
学名:Sedum rubrotinctum 'Redberry' ?

レッドベリー1レッドベリー2
左の写真は購入時です。(2号鉢)


小さい虹の玉みたいって思ってたら
実際、矮性の虹の玉だと言われているそうです。
脇芽が良く出て、殖えやすいです。


関連記事
『バザールでござーる』







17******************************************************************
セダム属
パープルヘイズ(ダシフィルム変種グランジュリフェルム)
学名:Sedum dasyphyllum ver. glanduliferum

パープルヘイズ1
写真は購入時です。


パープルヘイズ・大型姫星美人などの名前で流通しているもの。
結論から言うと、これはダシフィルムの一種なんだそうです。

「パープルヘイズ」の名は主に日本で使われている流通名と思って良さそうです。
「姫星美人」の名については、本来はアングリカムというセダム(Sedum anglicum)
に付けられた名前らしいです。

ダシフィルムは変異が多い種だそうで、
そのため変種として認められているのは
Sedum dasyphyllum var. dasyphyllum と
Sedum dasyphyllum var. glanduliferum(グランジュリフェルム)
この二つに分類されているだけなんだそうです。

そしてその二つの分け方はというと、
「対生」「互生」かという葉の付き方。
var. dasyphyllumが対生、var. glanduliferumが互生です。

※対生=茎の節に2枚の葉が対になって付く。
 互生=茎の節に葉が一枚ずつ角度を変えながら付く。

PB294557_450.jpg葉が密集していると対生なのか互生なのか
分かりづらいですが、徒長すると良く分かり
左の写真のようにパープルヘイズは互生なので
学名としては「Sedum dasyphyllum var. glanduliferum」
となります。







余談ですが、ダシフィルムブレビフォリウムがよく混同されますが、
日本で流通しているブレビフォリウムは、ダシフィルムであることが多いようです。
本当のブレビフォリウム「そよ風の天使」として流通している、
木立ちするタイプの別物です。(ダシフィルムは這うタイプで、比べるとだいぶ違います)


関連記事
『パープルヘイズの葉挿し』
『リトルゼム』
『何が起きたの?』







18******************************************************************
セダム属
コスミダトム
学名:Sedum cuspidatum(かもしれないw)

PB022473_600.jpg
購入時の写真。


鶴仙園さんで購入したコスミダトム
鶴仙園さんに問い合わせたところ、
「『セダム コスミダトム』という名前で韓国から入手した苗」
ということでしたが、それ以上は分かりませんでした。

図鑑に載せるために再度調べてみたら
名前と見た目がそれなりに似ているものを見つけたので
学名は暫定的にこれにしておきます(^_^;)
カスピダツムって読むのかな?w

Sedum cuspidatumで調べてみると、cuspidatum=松の緑って出てきます。
確かに似てるんですけど、葉の先端のとがり具合とか、ちょっと違う気がするので
個人的には松の緑はSedum lucidumのほうだと思います。


関連記事
『鶴仙園さんに行って来ました♪』
『謎の侵入者』










*********************************
ベンケイソウ科 Crassulaceae
デベリア ×Sedeveria
*********************************



01******************************************************************
セデベリア属
ハンメリー(スノージェイド、イエローフンバート)
学名:×Sedeveria 'Hummelii'

ハンメリー1ハンメリーの花1
写真は一号鉢です。


乙女心静夜の交配種。
「xSedeveria ‘Yellow Humbert’(イエローフンバート?)」の名前は
ハンメリーと命名された後に付けられた学名なので無効だそうです。


関連記事
『また花芽ですw』
『咲きました^^』







02******************************************************************
セデベリア属
樹氷(ロバートグリム?)
学名:×Sedeveria 'Soft Rime'

樹氷1
写真は購入時の一号鉢です。


玉つづりエケベリアの交配種。
おそらく日本で作出されたもの・・・とのことですが、学名が'Juhyo'ではないのは、
ちゃんと登録?みたいなことをしなかったからってことでしょうか? 残念ですねぇ。
紅葉すると葉の先端がピンクに色付きます。


関連記事
『朝日を浴びる多肉たち』







03******************************************************************
セデベリア属
ホワイトストーンクロプ
学名:×Sedeveria 'Whitestonecrop'

ホワイトストーンクロプ1
写真は一号鉢です。


エケベリアのプロリフィカとセダムの玉葉の交配種。
調べるまでずっとセダムだと思ってましたw
写真とは別のやつを思いっきり徒長させてしまいました。
徒長するともう何だか分からなくなるので、皆さん気を付けましょう!(笑)


関連記事
無し







04******************************************************************
セデベリア属
ジェットビズ
学名:×Sedeveria 'Jet Beads'

ジェットビズ1


エケベリアのアフィニスとセダムの玉葉の交配種。
これもまたセダムだと思ってました^^;
夏は緑色ですが、赤黒く紅葉します。


関連記事
無し







05******************************************************************
セデベリア属
紫麗殿
学名:×Sedeveria 'Blue Mist’

紫麗殿1
紫麗殿の花1紫麗殿の花2


完全にパキフィツムだと思ってましたが、
パキベリアのようです(^_^;)
紫の多肉って好きですw
園芸種のようですが、何の交配だかはわかりません。
だたエケのアフィニスの血がかよっているかもらしい。

なんと、紫麗殿はセデベリアだったようですΣ( ̄□ ̄;)
おそらくSedum craigii(クレイギー?)とエケのアフィニスの交配とのこと。
craigiiってのは見たことも聞いたこともなかったですが、
パキフィツムの様に丸みがある薄紫色の葉で、
なにより花が紫麗殿の花とかなり似ていることからそう言われているようです。
写真を見ると確かに花の付き方が似てましたw

ちなみに、情報源は「International Crassulaceae Network」さんです。
私はこちらのサイトを信用して書いてます。
興味のある方は見てみて下さい^^
Sedeveria 'Blue Mist’
Sedum craigii



関連記事
『紫麗殿』
『今度は紫麗殿が』
『紫麗殿が咲きました^^』










*******************************************
ベンケイソウ科 Crassulaceae
レムノセダム ×Cremnosedum
*******************************************



01******************************************************************
クレムノセダム属
リトルゼム(リトルジェム)
学名:×Cremnosedum 'Little Gem'

リトルゼム1
購入時の写真です。


Cremnophila nutans(クレムノフィラ属ヌータンス)
Sedum humifusum(セダム属フミフーサム)の交配種だそうです。
正直、どっちも知りませんw なので読み方もあってるか分かりませんw
セダムじゃなかったんですね~^^;


関連記事
『リトルゼム』





**********************************************************************

【らむざの多肉図鑑】セダム編
【らむざの多肉図鑑】エケベリア編
【らむざの多肉図鑑】グラプトペタルム編
【らむざの多肉図鑑】パキフィツム編
【らむざの多肉図鑑】カランコエ編
【らむざの多肉図鑑】コチレドン編
【らむざの多肉図鑑】クラッスラ編
【らむざの多肉図鑑】ハオルチア編
【らむざの多肉図鑑】その他編



ご覧いただきありがとうございました^^

ブログランキング・にほんブログ村へ




ランキングに参加しています!
▲よろしければ1クリック、ポチッとお願いします♪





にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ

nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 2

RANPO

初めて「図鑑」に訪れました。
楽しい試みですね。
将来の完成を期待しています(^_^)/~
by RANPO (2016-04-15 21:02) 

らむざ

>RANPOさん
すみません、すっかりお返事書くの忘れてました;;
ご覧いただきありがとうございます^^
いつどの瞬間が「完成」なのか自分でも分かりませんが
まだ載せてないのがあるので、マイペースで頑張りたいと思います(笑)

by らむざ (2016-05-10 02:48) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。