So-net無料ブログ作成
検索選択

【らむざの多肉図鑑】グラプトペタルム編 [多肉図鑑]

***********************************************
ベンケイソウ科 Crassulaceae
ラプトペタルム Graptopetalum
***********************************************



 
はじめに

■カテゴリーが『多肉図鑑』となっているこの記事は、
 文字通り「図鑑」として記したものです。

■あくまでワタシの育てている(いた)多肉の図鑑ですので
 なんでも載っているわけではありません(笑)

■掲載している写真も、基本的に自分の写真です。
 ただ、ワタシは小さい苗から育てるのが好きなので
 「購入時の一号鉢の写真です」というのが多いですがご了承ください(^_^;)

記事に載せたことのあるものから書いてますが、まだちょっとしか書けてません。
 いつ完成するかわからないので、とりあえず公開しちゃいました。
 8~9割載せ終わりました。
 気が向いた時に追加・修正など随時更新していきます。

■育て方とかいろいろ書いてみたい気もしますが、
 めんどくさいので大変なのでたぶん適当なことしか書きません(笑)

■学名は購入時に記されていたものや、調べて分かったものは記入してますが、
 正しいという保証は全くありません(^_^;)

「記録」「自己満足」のための記事となっております(笑)
 が、もし見て頂けたら嬉しいです^^

■間違いなどお気付きの点があれば、
 遠慮なくコメントにてツッコミを入れて頂ければ幸いです^^










01******************************************************************
グラプトペタルム属
朧月
学名:Graptopetalum paraguayense

朧月1


多くの交配親になっている、グラプトの代表です。
渋めの色合いですね。


関連記事
無し







02******************************************************************
グラプトペタルム属
アメチスチヌム
学名:Graptopetalum amethystinum

アメジスチヌム1
写真は購入時です。


パキフィツムのように丸くてムチムチですw
不思議な色合いですよね。
淡雪オパリナアメトルムなど多くの交配親となっています。


関連記事
無し







03******************************************************************
グラプトペタルム属
姫秋麗
学名:Graptopetalum mendozae

姫秋麗1


姫秋麗という名前が付いてますが、べつに秋麗とは関係ないようですw
小さくて可愛いし、ピンクに色付くので人気があります。


関連記事
無し







04******************************************************************
グラプトペタルム属
淡雪 (=初想、カネイ ?)
学名:Graptopetalum ‘Victor Kane ?

淡雪1淡雪の花1


朧月アメチスチヌムの交配種。
私の好きな多肉の一つですw


関連記事
『淡雪』
『淡雪の花』










*******************************************
ベンケイソウ科 Crassulaceae
ラプトセダム ×Graptosedum
*******************************************


01******************************************************************
グラプトセダム属
秋麗
学名:×Graptosedum 'Francesco Baldi'

秋麗1秋麗2


朧月×乙女心秋麗・・・らしいです。
うちではなぜか秋麗がうまく育ちません;;
なんか葉の先が変なんです・・・。


関連記事
『秋麗の具合が・・・?』







02******************************************************************
グラプトセダム属
ブロンズ
学名:×Graptosedum ‘Bronz’

ブロンズ姫1


一般的にはグラプトペタルムになってるほうが多いと思いますが
一応こっちにしておきました。
朧月玉葉の交配種・・・かもしれない・・・らしいw
適当でゴメンなさい(^_^;)
強健なのはやはり親が朧月だからでしょうか?
葉挿しも簡単。上の写真も葉挿しっ子です。


関連記事
『ブロンズ姫 & ピーチ姫』
『姫の葉挿し』
『姫の葉挿し(続き)』
『スズメのしわざ!?』
『何が起きたの?』







03******************************************************************
グラプトセダム属
ピーチ姫(ブロンズ姫錦、ブロンズ姫光)
学名:×Graptosedum ‘Bronz’ variegata ?

ピーチ姫1ピーチ姫2


ブロンズ姫の斑入り種。
斑はわかりづらいですが、葉の縦方向にスジが入ったように見えます。
色はブロンズ姫よりピンク色になります。


関連記事
『ブロンズ姫 & ピーチ姫』







04******************************************************************
グラプトセダム属
ゴースティ(桜牡丹)
学名:×Graptosedum ‘Ghosty’

ゴースティ1


これも片親は朧月かも?ってことらしいです。
いかにもグラプトって形のやつは、みんな朧月からきてるんですかね?w
淡雪に似てますが、色は紫というよりはピンク方向に色付きます。


関連記事
『寄せ植え?』







05******************************************************************
グラプトセダム属
リトルビューティー
学名:×Graptosedum ‘Little Beauty’

リトルビューティー1


交配親は不明のようですが、片親はGraptopetalum pachyphyllum(ブルービーン)
かもしれないとのことです。
確かに葉の先端だけ点状に色が濃くなっているとこは似てますね~。

セダム属プロリフェラとして販売されていることがたまにあるようですw
プロリフェラに関してはエケベリアのプロリフィカをご覧ください→エケベリア編


関連記事
無し










******************************************
ベンケイソウ科 Crassulaceae
ラプトベリア ×Graptoveria
******************************************


01******************************************************************
グラプトベリア属
白牡丹
学名:×Graptoveria 'Titubans'

白牡丹


朧月×静夜の交配種。
これもやはり強健ですね。葉挿しもしやすいです。


関連記事
無し







02******************************************************************
グラプトベリア属
デビー
学名:×Graptoveria 'Debbi'

デビー1
写真は一号鉢の小さなものです。


アメチスチヌムエケの何かの交配種?らしい。
色が綺麗ですよね。
アメチスチヌムが片親なら、もう少し肉厚になってほしいw


関連記事
『小さなデビーに、小さなベビー』







03******************************************************************
グラプトベリア属
オパリナ
学名:×Graptoveria 'Opalina'

オパリナ1


コロラータアメチスチヌムの交配種。
コロラータを肉厚にして、アメジスチヌムの色合いをプラス、
っていう親の特徴を素直に引き継いだ感じですね^^


関連記事
無し







04******************************************************************
グラプトベリア属
グリムワン(エイグリーワン)
学名:×Graptoveria 'A Grim One'

グリムワン1グリムワンの花1


なんの交配なのかは不明です。
葉先の感じから静夜が入ってるような気が・・・しませんか?w


関連記事
『プレリンゼとグリムワンの花』







05******************************************************************
グラプトベリア属
薄氷(銀紅蓮・姫朧月)
学名:

薄氷1銀紅蓮1
左は薄氷として、右は銀紅蓮として入手したものです。


こちらも交配親はわかりません。
でもこの形だと、やっぱりグラプト側は朧月なのかなw
写真は上記の通り別の名前で入手しました。
まだ小さいので何とも言えないですが、色と肉厚感が違いますねw


関連記事
無し





**********************************************************************

【らむざの多肉図鑑】セダム編
【らむざの多肉図鑑】エケベリア編
【らむざの多肉図鑑】グラプトペタルム編
【らむざの多肉図鑑】パキフィツム編
【らむざの多肉図鑑】カランコエ編
【らむざの多肉図鑑】コチレドン編
【らむざの多肉図鑑】クラッスラ編
【らむざの多肉図鑑】ハオルチア編
【らむざの多肉図鑑】その他編



ご覧いただきありがとうございました^^

ブログランキング・にほんブログ村へ




ランキングに参加しています!
▲よろしければ1クリック、ポチッとお願いします♪





にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。